センター長ブログ

一般社団法人審査センターのセンター長ブログです。
<< あと、ひと月 | main | 標語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
12月、月目標
12月 1

今年最後の月目標

 今年も最後の月目標の発表となりました。ということで、今日は水曜日ですが、特別版で月目標を発表します。(スタッフ以外の方にはそんな特別のものではないんですが…)

 

 その前に、先週今年最後のカレンダーを作りました。以前にも書きましたが、ここのカレンダーは毎月手製のものを作っています。その動機は単純で、昨年の9月にシルバーウィークなるものがあり、カレンダーの真ん中あたりが真っ赤っかになっていたのです。

 

 これじゃぁ普通の日も(精神的に)休みモードに入ってしまうという危機感が沸々と。で、思い切って自家製のカレンダーを作った、ということなんです。それが今年1年続き、そろそろ飽きてきたというか、お役目御免というか、十分に役割を果たし、効果もあったと感じますので、来年は市販のものに戻りたいと思っています。

 

 そんなカレンダーに最後の月目標を入力しました。(自家製なので月目標を毎月書き込んでました)その目標は「繊細に」としました。

 

 今の現状を鑑み、適切な言葉を選ぶとしたら「臆病に」だったのです。これで行こうと思いつつもどこか引っかかるのです。読む人(見る人)によっては誤解を受けかねません。また最近弊センターを視察に訪れる方も多く、結構よく見られるんです、この標語が。

 

 それに替わる何かいい言葉はないかと考えたのですが、どうもすっきりしたものが出てきません。英語にしてみても的確なニュアンスがいま一つ伝わらない…。

 

 そんな時に、浮かんできたのが「繊細に」という言葉だったのです。注釈には「審査について、どこまでも臆病であれ!細心に細心を重ね、慎重に判断して行って欲しい。求められるのは繊細さ、である」なんて書き、意図の説明をしました。

 

 時間との戦いをしていると、どうしても雑になってしまいます。特に「審査」においては絶対にあってはならないこと。ミスというものは必ず油断の中か緩みの中からしか生まれてこない。どんなに気が急いていても、繊細に、細心に、臆病なくらいに物事を進めて欲しいと思います。

 

 急いで・ミスして、何にもいいことはありません。だったら余裕を持って心配りをしてことに臨む方が、みんなハッピーの関係になるはずです。

 

 ということで今月は(師走という忙しい月だからこそ)「繊細に」行きたいと思います。

 

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:40 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:40 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE