センター長ブログ

一般社団法人審査センターのセンター長ブログです。
<< 師走です | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
今年も最後です。このブログも最後です。
 

1227

いよいよ最後になりました

 2009年の3月から書き綴っていたこのブログも、そろそろ店仕舞いしようかと思っています。当初は、以下に書いたような気合だけで、どこまで書き綴れるかと、自信なくスタートしたのですが、なかなかどうして、こんなにも続いて来てしまいました。

 

 しかし、十分とは言えないまでも、少しは役に立ったのかなぁ、なんて一人思いながら、でもこれ以上続けることに意味があるのかとの自問自答を繰り返し、そろそろお役御免でもいいなぁ、と考えております。

 

 不定期にまた書くとなると、それも如何なもんかと思いますので、きっぱり・さっぱりと打ち切りとします。

 

 ということで、今日は少々過去を振り返りながら…、

 

 まず、昨年の4月に以下のような出だしでスタートした時点から振り返ります。

 

「審査センターのホームページの刷新に伴い「センター長、(根注棒ブログ発信)世の中を斬る!!

 

テーマ:人を育てる人間教育の道場、それが「審査センター」であるという信念を持っています。「審査」というものは、審査する側の全人格が結果に反映されるものであるという考えに基づきます。ですから、スタッフの一人一人も審査を通して人として大きく成長して欲しいと願っています。その成長とともに「審査」の精度も密度も信頼度も格段に増し、それがまた世間からの評価につながる、という好循環をもたらしてくれます。

     ですから、このブログでは、若いスタッフに向けての人間教育の一コマ一コマを書き記しながら、センターで繰り広げる泣き笑いをご紹介していきます。

また視点を変えて、世の中に対する怒りを、世間で出会った面白話を、巷の感動秘話をお知らせできたらと思っています。

 

  根注棒とは:「根性注入棒」のことです。巨人の星、星飛雄馬の父一徹の持っている竹刀のような、座禅の時のお坊さんが持っている警策(きょうさく、または、けいさく)のような、観光地のお土産物屋で売っている木刀のような(?)そんなものであり、みんなが悩んでいたり、間違ったことをしたり、道に迷っていたりしている時に、何かヒントを与えられるようなそんなものです。

 

こう書いて始まったんです。いま読み返してみると、なんと僭越な・横柄な・厚顔無      恥な発言だったんでしょう。振り返ってみれば、教えられたのは筆者の方で、みんなにしっかりと成長させてもらいました。未熟な長がスタッフと軋みながら、試行錯誤を繰り返して辿り着いたところは、以前の狭い視野に立っていたところと比べ、少しだけ広い視野のところでした。

   

 そんな成長をもたらしてくれた皆さんに感謝です。この感謝の姿勢、頭を垂れる姿勢を見せられなかった、という反省はあります。だから誤解されたところも大いにあると思います。でも、来年はこの感謝を持って皆さんと接して行く、そうしてまたお互いに高め合って、もう一段上のステップに登って行きたいとつくづく感じる今年の終わりです。

 

 ふと思い出しました。なんでブログを書き始めたかを。

 ホームページを作る際に、どう更新していくのかということが問題になりました。更新のないホームページほど無駄なものはない!!とさるIT社長に断言され、日々更新するためには何が?と思って考え付いたのがブログだったのです。スタッフが交代に書く、という提案をしたら見事却下され(スタッフにです)しかたなく始めたような…(これをスタッフが読むと「仕方なく」ではなくて自ら進んで書いていた、と言われてしまいそうですが)。

 

 書いてみると、話題が続かず、でも更新はしなければならず、そんな時とんちんかんな題材でお茶を濁していたら、これまた非常識な領域に入ったり、全く私的な世界に入ったり、と迷走しながらも、場所を変えながらも都合4年半は書き続けてきたのです。決して好き好んでという訳ではなかったと、ここで釈明しておきます。

 

 ようやく少しだけ肩の荷が下りた、少しだけ解放感が、そんな日々になるのでしょうか。はたまた書きたくって書きたくってしょうがない、そんなイライラが募るのでしょうか。

 

 ということで、このブログは今日で終わります。またどこかで、またブログか何かで、こんな感じでお会いできればいいなぁと思ってます。最後まで話がアッチに飛んだりコッチに飛んだりしてました。こればかりは成長の跡が見えません。文才がないことを自覚し、決して「水嶋ヒロ」になれないことを肝に銘じ、常に読み手でいたいと思います。

 

 最後になりました。これまで本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。加えて、良い年をお迎え下さい。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 00:01 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE