センター長ブログ

一般社団法人審査センターのセンター長ブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
Renewal part 3
 

1025

リニューアル 第3

 リニューアルしたとたん、なんだか文章が長くなってしまっているようです。これが良いのか悪いのか。ご意見を頂けたら幸いです。

 

 ということで、今日は「自主規制」ということについて少々書きたいと思います。これをブログに書くなんておこがましい限りなんですが、私論としてサラッと流し読んでいただけたらと思います。

 

 この「自主規制」ですが、多くの学者の方が研究を積み重ね、多くの論文となっているんだと思います。そんな学問的な素養と土壌のない筆者が書くのもちょっと変なんですが、実務をやっているという観点からなら、切り口の違う内容を述べることができるかなぁと思っています。

 

 なんで自主規制が必要なんでしょうか?

 日映審という組織の最高顧問でいらっしゃる憲法学者の清水英夫先生が、自主規制について、

 「本来、自由と自律が生命である表現機関(メディア)が、外部の第三者に、倫理に関する判断やアドバイスを求めることは、決して望ましいことではない。にもかかわらず、メディアに第三者機関や、それに類するものが設置されてきたのは、それなりの理由があったからである」

と、本来は表現者が自由を認識しつつ自らで一線を越えることなく表現することを望みながらも、

「メディアは社会に大きな影響力を持っているが、日常の活動に追われて、その影響力に伴う責任が、しばしば疎かになる。そのことが、社会の不信や批判を招くとともに、公権力の介入を呼ぶことになる」

と、社会への影響力の大きさ、それに伴う責任を果たすためには、第三者機関による自主規制が必要であると述べています。

 

 ちょっと難しくなり過ぎました。

 一つの判断が、冷静に執り行われるか難しいのです。様々な観点からの判断が必要なのです。だからこそ「第三者」という一つの視点が重要だということでしょう。

 

 実際に毎日審査をしていると、当たり前になってしまうことがあるんです。モザイクの濃淡も、刺激的な場面も、言ってみれば麻痺してしまうことがあるのです。だからこそ複数の目で判断しなければならない、いろいろなフィルターを通さなければならない、そう思い実行してきております。

 

 加えて、業界の常識が世間の常識と乖離、メーカーの論法が世間では通用しない、こんな状況も起こり得るのです。そのために審査センターでも「管理委員会」なるものを設置し、審査上の忸怩たる箇所、その判断の仕方、業務上の悩み等を、かつて審査の現場で活躍された方々によりアドバイスを受け、また結果の確認をしています。

 

 自主規制だからこそ、凝り固まってはいけないのです。柔軟に且つ一線を超えない手前での判断、これが求められているのだと思います。

 

 書いている内に、自主規制というよりも現審査センターの考え方になってしまいました。次回は歴史的側面で見た自主規制について書きたいと思います。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:12 | - | - | - | - |
Renewal part 2
 

1018

リニューアル第2

 バージョンを変えてから不調です。バージョンアップではなくバージョンダウンになっております。まぁこんなもんか、筆者の実力ってと思っています。

 

 あるところのブログで「リニューアルという劣化」という題で、リニューアルしたら以前より使い勝手が悪くなったという話が書いてありました。ちょうどリニューアルした後の筆者です。思わず納得するとともに、リニューアル後の劣化って世間でも多いのだなぁと感じています。

 

 で、第2弾は「審査センター」というところについてです。

 「審査センター」はご存じのように、映像の審査を行っている一般社団法人です。健全経営(違いました「健全運営」です)を行い、公平・公明正大を旨として日々審査業務に取り組んでいるところです。

 

 今のところ3審査団体に属するメーカー様の作品審査を執り行っています。審査業務を行い始めて14年目、年が明ければ15年目に突入という歴史であり、現在は実写映像審査、アダルトアニメゲーム審査、アニメ映像審査を中心に月700タイトル超の作品数の審査を行っております。

 

 最近ではタイトル数で換算すると実態にそぐわなくなりつつあり、事務所内では総作品分数で審査の量を計っています。

 

 これは、以前は1作品120分というものが大多数でしたので、今月は何タイトル審査したと言えば、共通のイメージでボリューム感が持てたのですが、最近の傾向として180分作品、240分作品、360分作品…、と長尺作品がかなり多くなり、ひと月の1タイトル当たりの時間も毎月増加して来ています。

 

 例えば、1作品平均の尺が120分台で推移していたのが、昨年には130分台に突入し、今年は140分台になろうという勢いにまでなっています。単純に700タイトルといっても、120分換算すると最大で800タイトル位になってしまうこともあります。

 

 ですので、作品の尺時間の総和でひと月の審査量を表すように変えました。ちなみに9月あたりですと94,000分、10月の目標値が100,000分弱、こんな考え方をしています。一概に100,000分といっても見当もつかないと思います。簡単に言えば「とにかく多い」のです。

 

 そんな映像作品の1コマ1コマをしっかりと視聴し、テープまたはデータを行きつ戻りつさせながら、細かな所まで審査を行っています。

 

 モザイク(機械処理)のモレとかズレを見つける、モザイクの濃淡、濃いのか薄いのか、を判断することは基本中の基本ですが、これは審査のほんの一部にすぎません。作品の性質、設定、不適切な発言、不適切な描写、画面の奥に映り込んでいるものまで幅広くチェックしていきます。

 

 もちろん会話の内容、中身、不適切な用語の使用、不適切な発言等も同時にチェックしていきます。それこそ社会性、倫理観、大人としての判断が要求されます。それがここの命であり、「検査」ではない、無論「検閲」とも全く異なる、「審査」というものなのです。

 

 そんな業務を日々繰り返します。来る日も来る日も映像との真剣な戦いです。ちょっとでも気を許すと見逃しが発生します。タカをくくって隙を見せると落とし穴が待っているんです。これは本当に不思議です。ミスに理由のないミスはありません。ミスが発生した日にち、時刻、状況を振り返ると必ず理由が見つかります。

 

 だから、私たちは二人で別々に審査をするのです。あらゆる情報共有を遮断し、それぞれの審査員が第1審として作品と向き合います。当然結果は同じはずです。しかし、これがまた同じ結果でもないのです。そこで、二人のそれぞれの結果を最終判定者が最終のセンターとしての結論を出していくのです。

 

 例えば、モザイクの濃淡で、最初に出てくるモザイクを薄いと判断したとします。そうすると次のモザイクも、またその次のモザイクも薄いと判断せざるを得ません。でも、最初のモザイクを、ギリギリ大丈夫と判断した場合は、次もその次も大丈夫となるケースが多いのです。ですから審査結果が時に1人が修正必要箇所ゼロ、もう1人が修正必要箇所20箇所なんてこともあるのです。

 

 作品の設定でも、背景においても、行為においても同様のことが起こります。ですから女性審査員もおり女性目線の判断もしますし、20代から50代まで幅広い層の審査員により審査を行っています。

 

 動体視力の観点で考えれば、若い人だけでいいのかもしれません。しかしそれは一つの要素にしか過ぎない。もっと大人の判断が必要な場面は多数あり、それこそが審査にとって重要なファクターなんです。

 (いきなり動体視力の話が出てきましたが、最近の作品は大勢の男優、女優が出演し、画面のそこかしこに絡みがあるなんていうシーンも多く、年寄りには辛い業務になっています)

 

 そんな積み重ねで1365日−(ちょっとオーバーでした。土日祝日の休日はさすがに休みます)、朝から晩まで映像にまみれている、そんな職場がここ審査センターなんです。
イメージでも掴めて頂けたでしょうか。

 

 エピソードを含めもっともっとトピックスはあるのですが、キリがありませんので今回はこの辺で。

 

 でもこの審査センター、以前にブログでも何回か書きましたが、「人気職種」なんです。募集をすればすごい勢いで応募が来ます。今不景気で失業者が多いから、だけが理由ではないようです。大手人材会社の担当が驚くほどの反応のようです。

 

 まぁキリがありません。次回にまた機会があれば書きたいと思います。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:13 | - | - | - | - |
Renewal part 1
 

10月 8

リニューアル第1

 今週の月曜日にこれからリニューアルしたブログにして行きます、と宣言しました。今考えているのは毎週月曜日1回の更新頻度で書いていくということです。で、月曜日が休日の場合には前日になるか後日になるか、という形を模索していきます。

 

 本日は「映像」について。

 本当に、映像の出し所、つまり映像を視聴する機器が多種多様になってきました。以前ですと映画とテレビしかなかった訳で、時代の進むスピードのなんと速いことか。

 

 どこでも簡易に映像を見られる環境になったということなのですが、それが果して幸せなのかどうか。どうしても映像を見てしまうと想像するという行為を忘れがちになってしまう。それじゃぁちょっとつまらない、と思うのは筆者だけでしょうか。

 

 でも、立場を代えて、映像を作る(創る)ことに関して言えば、機器の進歩はもちろんあるのですが、カメラを使って撮影し編集する、という作業は今も昔も変わりません。だからどんな視聴機器が出てきても、この‘作る(創る)’という行為は変わらない筈なんです。

 

 とすれば、その行為に知恵を使う、アイデアを出し、演出をし、ものを撮り、思いのままに編集する。そこに作者の個性が出、優劣が出る。それを見た視聴者が共感し、または醒めてしまう。そんな繰り返しを行いながら、もっといい作品をと作り続ける。

 

 これが制作者の醍醐味なんでしょうか。ですから時代は変わってもものを作るっていうのは変わらない。VHSのテープやデッキはなくなっても、携帯で動画が見られるようになっても、作るって行為は必ず必要です。

 

 確かに撮影機材は進化し、使い易くなり、技術がなくてもそこそこのものが撮れる。つまり素人にも簡単に映像が作れてしまう、ということもあります。でも、お金を払っても観たい映像を作り出すっていうことは、なかなか素人には難しい。だから映像のプロは日々知恵を出しながらいい作品を作っていく。

 

 そんな業界に身を置いて10数年、もの作りの難しさを聞きながら、売れる作品を作り続けている人に囲まれながら、本当に勉強させられました。その作った作品に高付加価値を付与する光栄な業務に関わり、映像とともに生きてきたことに誇りを持ちながら、更なる発展に微力ながらも関わることで社会にちょっぴり貢献しているかなぁと、一人思う今日この頃です。

 

 リニューアルバージョン、なかなか上手くいきません。伝えるのが難しい〜、と悩みながら、See You Next Weekです。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:50 | - | - | - | - |
ブログ リニューアルです
 

10月 4

ブログ リニューアル???

 830日のこのブログで、101日をめどにブログをリニューアルするなんて書いていたんですが、先週の1日のブログは相も変わらず、といったもんになってしまいました。

 

 決して忘れた訳ではないんですが、やはり月目標を発表するとなると、いつも通りの文章になってしまうんです。

 

 ということで、リニューアルです。

 

 で、結論から言うと、業務に関連した話のみ、週1回更新に方向転換です。

 

 なんで?

ここで書けばまたいろいろ言われてしまいますので他言は避けますが、ちょっとばかり考えることがあり、思うことがあり、軌道修正と行きたいと思ってます。

 

 これまで長い間続けて読んで頂いた方たちには申し訳ありませんが、この場で伝えたかったこと、話したかったこと、その思いは、また別の場所で展開していきます。そこは超過激なブログにして行きたい、そう思ってます。

 

 人生には様々なことが起こります。

 予期せぬこともたまにはあります。

 だから人生って楽しいのです。腹の立つこと、あり得ないこと、開いた口がふさがらないこと…。その時は怒り心頭ですが、冷静になってみれば結構笑えることばかり。だったら一歩引いて笑っちゃいましょう、ということなんです。

 

 といことで、しばらくは形を変え、姿を変え、場所を変えてひっそりと蟄居と行きたいと思ってます。

 

 では明日よりしばしの休憩に入ります。
| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 06:00 | - | - | - | - |
今月の月目標

10月 1

今月の月目標

 もう月目標発表に時期になってしまいました。暑い暑いとフ〜フ〜言ってたと思ってたらもう10月の声を聞いてしまった、という感じでしょうか。

 

 今月の月目標は「もう一度考える『審査って何??』」というものにしました。ズバリ再度「審査」というものを突き詰めよう、と原点回帰を踏まえたものにしたのです。

 

 ついつい無意識になって行う審査を、再度見つめ直し、誰のための・何のための審査なんだ、ということをもっと強烈に意識して業務を行って欲しいとの願いが込められております。

 

 日常の業務に埋没することなく、当たり前のことを当たり前と思わず、常に疑問を抱き、常に好奇の目を持って、ほんの一つのことにも拘る、こんな姿勢を堅持して行けたらもう一段レベルの高いものに辿りつけるのではと思っております。

 

 今日の朝礼でこの目標を発表した後、香港大学での講義の報告を行う予定です。現地でこの審査センターの存在は高く評価されているのです。そして常に見られている存在になっているのです。

 

 それを十分に受け入れ、誇りを持ち、意識をし、一つ一つの業務に真剣に対処していくことこそが、その評価を更に高めるものとなるのです。

 

 今まで積み重ねてきたことの集積が今回の香港大学での講演になったと思ってます。でもその歴史の上に安住することなく、更に上を目指すのが我々に与えられた義務だとすれば、再度原点に立ち返り、もう一度「審査」の本質を見極め、また粛々と日々審査を行っていく、これに尽きるような気がしています。 

 
| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 06:00 | - | - | - | - |
HongKong Univ. Part 2
 

929

香港Part2

 香港2日目は朝食後すぐに講義の準備です。昼に一旦教授室に伺い、打ち合わせを兼ねたスタッフとの飲茶。さすが地元の人の推薦する店です。美味です。

 

 部屋に戻り講義の準備をし、早めに教室に向かいます。

 

 本日の講演会場は、日本の大学でいうところの視聴覚階段教室(?)で、満席になると200250名くらいは入るのでしょうか。(先生曰く300人の教室とのこと)。会場入りしたときには10数人が席に着いておりました。

 

 パワーポイントで作成した資料をパソコンに落とし込み、簡単な操作をし確かめます。マイクのセッティング、原稿の確認をして準備完了です。その間続々と学生が入って来ます。この王先生の授業、人気講座なんでしょうか。(結局200数十名は入ったようです)

 

 院生による説明の後いよいよ講義が始まります。テーマは「self-censorship」いわゆる「自主規制」となっています。

 

 まず、「映像」というものについて説明します。続いて「審査センター」の概要を話し、審査センターの考え方、行っていること、規模・設備などを説明します。そして本題の「自主規制」についてです。

 

 これは歴史の認識から始まります。戦中の映像の状態。日本のみならずドイツやイタリアの話もします。そして戦争中に映像がどう扱われ、どう利用されたか、それを踏まえ戦後どうしたのか。そんな中で起こった事件…。

 

 そしてだからこそ「自主規制」が大事であり、その第三者性こそが「創造」というものを権力から護る唯一のものである、との結論を導き出します。

 

 そして今まであった審査センターでの問題作を、ここの管理委員会で挙げた(話し合われた)事例をもとに説明します。ロリータ表現、薬物の扱い、野外での表現、アニメゲームを対象に、こんな観点から修正でした、この規定に抵触するために審査ができませんでした、などなどをパワーポイントで表示しながら解説します。

 

 で、結論としては、香港では映像を国家(香港政庁)が審査と称して検閲をしているのではないか。創造物の市場へ出すべきか出さざるべきかは、自主規制で行うべきであり、それでこそクリエイティブな表現が担保され、自由度が増すのではないか、というものに辿り着きました。

 

 果たして学生の心に響いたかどうか??? 

 しかし、1時間30分くらいの講演の最後にあった質疑応答もかなり積極的な、鋭い質問が飛び交い、熱気に満ちた盛り上がりを見せて予定時間が終了となりました。

 

 ある種の達成感と虚脱感が入り混じりながらも、まぁ80点くらいかなぁと自己採点をしております。王先生、葉さん、そして香港大学の学生さん、いい経験を有難うございました。

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:28 | - | - | - | - |
HongKong Univ.
 

927

またまた香港…

 今月中旬に香港に行ってきたことはここで書きましたが、では何で行ったかについて少々書きたいと思います。

 

 5月くらいだったと思います。香港大学の王教授がここ審査センターを訪れたのです。日本のサブカルチャーも研究されている教授です。「審査」というものに興味があったようです。

 

 いろいろなお話をしている中で、自主規制とか第三者機関とか審査団体というものが香港にはないものであり、且つ映像メディアにとってこの考え方が重要であると感じてくれたようでした。

 

 そんな流れの中で、9月に新学期が始まったらぜひ学生たちに講演をして欲しいと頼まれ、では微力ですが…ということで香港行が決まったのです。

 

 も一つ、筆者自身が、このブログでも再三書いておりますが、香港居住経験が結構あり、その辺も考慮されたのだと思います。

 

 そして、何回か事前に打ち合わせを行い、原稿チェックもしてもらい、いよいよ本番となったのです。

 

 香港の飛行場に到着すると香港大学の車が待ってました。乗せられ香港島の香港大学内の宿舎に行きます。その宿舎で荷ほどきを済ませ、学内の王教授の執務室に。そこで再会をし、軽く打ち合わせを行い、院生とともに久しぶりの香港の街に出掛けました。

 

 まぁ香港の街談義はまたの機会にしますが、その後、院生2人と王先生とで食事をして、宿舎に戻って来ます。この宿舎、というか宿というか、香港大学を訪問する人のための宿泊施設で、きれいな昔ながらの住まいで、なかなか快適ではありました。

 

 ただ、山の中腹に拡がる香港大学の敷地の中でも最も高いところにあり、その上は山頂(Peak-かの有名なビクトリアピーク)まで家がないんじゃないかと思えるほどの辺境の地。周りには一切の店もなく、門限も10時半という不便極まりないところです。

 

 確かに大学を訪れる人と言えば、真面目に学究に取り組んでいる方々、門限があるくらいの方がいいのでしょう。夜は勉強か読書、思策に耽るというのが定番なんだと思います。10時過ぎは本当に静かで人の声すら聞こえない、そんなところに幽閉されたようなもんでした。

 

 早寝早起き超健康!!

 そんな生活が始まったのです。(もちろん室内、施設内、学内全面禁煙です)

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:51 | - | - | - | - |
秋・高校野球…で、今年は?
 

924

秋といえば高校野球(?

 1年前は、高校野球の秋の関東大会で千葉まで行きました。今年は埼玉で開催です。埼玉まで連れて行ってくれるのでしょうか、我が応援しているチームは・・・

 

 ということで、残暑厳しい8月の末に始まった新チームによる秋の大会。ブロックの予選を勝ち上がり、県大会に出るも1回戦で大苦戦。そこからなんとか立て直して…と思う最中、なんとベスト16で負けてしまいました。

 

 近年にない最強チームと言われて前評判は高かったんですが、どういう訳か実力を出すこと叶わず、それも8回コールド(7回か???)で。

 

 遠い球場で一人打ちひしがれておりました。炎天下のフラフラになるような日でした。

 

 そしてその後、随分と離れた横浜の昔の繁華街の場末のそば屋で、一人反省会を生ビールと板わさで行い、納得のいかない結果と、こんなにも早くシーズンオフが来てしまった寂しさを味わっておりました。

 

 秋の大会というのはいいのです。毎週末に試合が組まれ、平日に行われることは滅多にありません。ということは応援に行きやすいのです。今年も2か所の球場(今年は結構不便で遠い場所でした)に行きました。今週も行く予定は立ててました。でも…。

 

 この季節ラグビーも始まりますし、サッカーも佳境です。時々どっちへ行こうかなんて贅沢な悩みを持つんですが、今年に限りそんな悩みもなさそうです。

 

 来春にオープン戦が解禁になる頃、つまり選抜高校野球が始まる頃でしょうか、その頃まで禁野球観戦となります。この冬の間にきっちりと鍛え、どこに出しても、どんな状況下でも逞しい、そんなチームになって欲しいものです。

 

 そして来年こそは、高校野球で大阪出張、と行きたいと切に願ってます。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 04:25 | - | - | - | - |
Hello!!
 

922

Hello!

 ちょっと英語づいています。生意気になってしまいました。

 

無事戻ってきました。

 

 書きたい話題満載なんですが、少しずつ小出しに出していこうと思ってます。その理由は、香港では結構放置プレー的一人行動が多く、思ったことができない、思うように事が運ばないジレンマのただ中におり、もうちょっとで手が届くのにぃ〜的経験をしたために、その恨みを少しだけ晴らしたいと思ってなんです。

 

 というよりも、戻ってきて忙しくてブログどころではない、というのが本当のところですが…。

 

 ところで出発の日ですが、朝の便だったため5時には家を出ました。昔も同じような時間に出発していたんですが、今回は朝の始発電車が座れなかった、と驚きの事実がありました。

 

 ということは、この15年近くで、出勤の波がかなり早くなってきた、または早くから遅くまで、時差出勤ができつつある、ということなんでしょうか。

 

 ですから、1時間ちょっと立ったままで、スーツケースを動かないように支えながら耐えていました。今考えれば今回の旅の象徴のような出発だったのです。そして懐かしの箱崎エアーターミナルへ。

 

 ここがまた閑散としちゃってます。以前はここでチェックインができ、荷物をここで預けて後は手ぶら…、という状態だったのですが、チェックインカウンターの姿は見えません。時代は確かに変わったということなんでしょう。

 

 で、すぐにリムジンに乗り込みます。これまた空いているんです。帰りの便もそうだったのですが、リムジンバスの採算は間違いなく割れています。デフレの世とはいえ、さすがに乗客が少な過ぎます。エンドユーザーにとっては選択肢が多くなっており、また分散化され混雑が緩和されいいのですが、突然廃止になったりするリスクもあるなぁと思ってしまいました。

 

 飛行場の過多で航空行政が問われてますが、その場しのぎの対策ではもう通用しない、将来ビジョンを踏まえた抜本的な解決が早急に必要なんじゃないかと強く思った今回の成田行きでした。

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 06:54 | - | - | - | - |
香港です・・・

913

明日から

 明日から香港に行ってまいります。

 実はこれは公務で、香港大学の学生にここ審査センターの考え方の講義をするというもの。香港大学の教授の王先生の招きで、ちょっと行ってまいります。

 

 久しぶりの香港です。14年前、再び戻って来るなんて思いもせずに香港の地を離れ、いつも気にはなっていたんですが、まさかこういう形で香港再訪が実現するんなんて、ちょっと縁を感じてしまいます。

 

 1984年から約4年間住み、1994年から3年半通い続けた地です。思い入れは人一倍なのですが、いざ行くとなると複雑な感情です。

 

 1997年に英国植民地から中国に返還され、あの悪名高き啓徳空港も廃止され、新空港になってから初めての経験なんです。以前は香港島の南のヘリを右に見ながら、九龍半島の西部の工業地帯の近辺で右に大きく旋回し、その後香港の下町の上を飛行場に向けて飛んでました。

 

 飛行場のすぐ手前で最後の右旋回、これがかなり思い切ったプレーで、右翼がビルの屋上にぶつかるのでは、というスリリングな展開。飛行場の滑走路の上でもまだ傾いている飛行機。滑走路の先端は海…。そこから一気に落下し、強めにランディングし、思い切って逆噴射、加えて急ブレーキ。

 

 いやはや大変なのです。メインの滑走路から側道に入る際も急な左折です。飛行機って地上では三輪車です。左斜め前方によくつんのめんないなぁ、といつも感心してしまいます。

 

 そう言えば、客人が長野から香港に出張で来た際、ランディングした際に一斉に機内の酸素マスクが降りてきた、ということもありました。米国系の飛行機会社だったんですが、どんだけ乱暴に着陸したら酸素マスクが落ちてくるんだろう???

 

 ということで、明日から行ってきます。出張レポートは戻ってから。

 でも今回は学内泊ですので、面白エピソードは少ないんじゃないかなぁ???

 

 明日から21日までこのブログは秋休みです。22日には再開をしたいと思っております。お土産話満載の今秋のこのブログをお楽しみに…。

 

| 一般社団法人審査センター センター長 | - | 05:24 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE